天使にリクエストのロケ地情報!修悟思い出のレストランは四谷?

      2020/10/11

江口洋介さんが探偵島田修悟役、上白石萌歌さんがその助手小嶋亜花里役で共演…

NHK土曜ドラマ『天使にリクエストを〜人生最後の願い〜』がいよいよ2020年9月19日放送開始となりましたね!

 

当初は6月6日から放送予定だったようですが、感染症拡大防止のため止むを得ず3ヶ月以上延期となりましたので、制作サイドの方も役者の皆さんも色々なご苦労があったのではないかと思います…。

 

~人生最後の願い~って重めのサブタイトルがついてましたから少なからず気になっていました…。Gee-san人生の後半部分にかなり足を突っ込んでおりまして節目の年を迎えるものですから…ww

 

6月の中頃でしょうか…偶然にも撮影が再開されたことをSNSで発見しましたし…

 

何となくご縁を感じたものですからいつから始まるんだろうなんて気になってたんですよ〜ww

 

今回は、天使にリクエストのロケ地情報!修悟思い出のレストランは四谷?と題してまとめてみましたのでご覧いただければ幸いです。

 

Sponsored Link
 

 

修悟思い出のレストランは四谷…「塊肉ビストロBLOCKS」

予告の動画にも数秒のシーンが映っていました…。

 

探偵島田修悟(江口洋介)が現役刑事時代に暴力団がらみで息子誠哉(林田悠作)をなくしたシーン…レストランでその息子誠哉と楽しく食事をしているシーン…

 

Gee-san6月中旬にSNSで撮影再開の情報をゲット出来ましたし…勝手にこのドラマとのご縁を感じておりましたが…

 

なっ、なんと極めつけは…天使にリクエストを…のロケ現場に偶然も偶然…遭遇したんです…マジです。こんなことってあるもんなんですね!

 

Gee-sanついに運を使い果たしたか…ww

 

修悟思い出のレストランのロケ現場は四谷のステーキレストラン…「塊肉ビストロBLOCKS」です。間違いございませんよ…!

 

塊肉ビストロBLOCKS

 

子役の彼…野球のユニホームが印象的でしたし…

 

主役の江口さんは不覚にも見逃してしまいました…すっ、すみません💦

 

萌ちゃんは、確か黄色のウインドブレーカーみたいな感じのトップスを羽織っていたとても華奢な後ろ姿の子がそうだったのかな…

 

…このレストラン…この何となくレトロなこの雰囲気ですね…息子誠哉(林田悠作)がお父さんと楽しそうに食事する予告シーンの背景からも伺うことができました…

 

第1話ではひょっとして見逃したかもしれませんが…この食事のシーンは出てこなかったと思います…第2話以降にきっと思い出のあのシーン登場してくるに違いありませんよね…野球の帰りによく立ち寄っていた誠哉お気に入りのレストランなんでしょうね…。

 

息子誠哉(林田悠作)がお父さんと楽しそうに食事するシーン…ついに第2話に修悟のフラッシュバックシーンの中で登場しました!

 

そして、第3話にもこのシーンは、修悟の過去の衝撃的なフラッシュバックの中で再登場いたしました!

 

なんと…よ~く見ますとステーキはステーキでもハンバーグステーキをおいしそうに誠哉君がほおばっています!塊肉ブロックスのメニューには調べた限りではハンバーグステーキはなかったように思えました…。

 

でもでも…ハンバーグステーキ…子供が大好きなメニューですからドラマ設定上特別に準備したのかもしれませんよ!…いつものGee-sanの勝手目線で恐縮です…ww

 

第4話…修悟がついに過去に向かい合いましたね!誠哉君との微笑ましい食事シーン…お母さん思いでお父さんも大好きな誠哉君の健気さがとても可愛いらしかった…。美味しそうにハンバーグを頬張っています!

店内は大勢のお客様で賑わっている様子ですね!…たくさんのエキストラの方がおられたってことですよね…ww

 

このレストラン…誠哉君そして修悟のお気に入りのレストランなんですね…修悟が亜花里と出会い、亜花里の境遇を聞きながら食事をしているシーンはこのレストランですから!

この時もハンバーグステーキだったのかな?綺麗に食事が終わった感じですので何を召し上がったかは…わかりません…ww

 

このレストラン雰囲気が最高ですし、料理も美味しそうで、会話も弾みそうですよね!誠哉君や修悟がお気に入りの場所だっていうのも伝わってきそうです!

 

…ロケ現場での遭遇!…にあまりも感動しましたので…今度絶対に行くぞ~‼︎なんてGee-san久しぶりにメッチャ意気込んでおりました。

 

しか~し!

 

お店からの大切な知らせ

いつも塊肉ビストロBLOCKSにご来店いただきありがとうございます。

この度、2020年4月30日(木)をもちまして、閉店する運びとなりました。皆様には長らくの間ご愛顧いただき、スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

今後は四谷の近隣にある系列店「鉄板居酒屋ウシカイ」「かいのみ」「四谷スペインパルオブラ」で皆様のご来店をお待ちしております。お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

…な、なんと…撮影日より前の4月30日に閉店になっているではありませんか…!

 

Gee-san愕然としてしまいました。あの店内の雰囲気…そして名物の塊肉…豪快に食べてみたかった…。

 

年甲斐もなくミーハーな感じではしゃいでしまいましたが…早くも運が逃げてしまったのか!…w

 

この閉店は、コロナの影響なのでしょうか?…それ以外の理由でしょうか?…

 

残念で残念でなりません…泣

 

でも、悔やんでばかりではいられませんよね。Gee-sanしっかりとドラマの今後の展開の中でこのレストランでの思い出深いシーンをチェックしていきたいと思っております!

 

第4話…ついに島田修悟がしっかりと自らの過去と向き合いましたね!誠哉君との微笑ましい食事のシーン、亜花里との出会いの場面…見応えがありました!

このレストランでのシーンはもう出てこないのかな…最終話さらに注目したいと思います!

 

天使にリクエストのロケ地情報!修悟思い出のレストランは四谷?

「天使にリクエストを~人生最後の願い~」

 

『天使にリクエストを〜』ロケ地…撮影秘話

今回の撮影はコロナ禍で開始が約3ヶ月遅れだったそうです…。

 

3月にクランクインするところが6月中旬からの撮影開始ということだですから、このレストランでの撮影も本来であれば4月30日にコロナなどの事情で閉店する前には間違いなく撮影が終了していたはずですよね!

 

閉店後の撮影の実施一つとっても、現場のスタッフさん達のご心労いかばかりだったか…心中お察し申し上げます…。

 

ドラマの第3話ゲスト出演する予定の塩見三省さんは自身のブログで以下のように述べています…

3月の終わり、ドラマの衣裳合わせで渋谷のNHKに行った。その日は東京に季節はずれの大雪が降った。クランクインは4月の予定だったが、新型ウィルス感染症の影響で延びて6月半ばから撮影が開始された。

私たち俳優は、本番以外はフェイスシールドとマスクをつけるという対策で慎重に進行していく。カメラテストまではマスクをして演るのだが、俳優としては相手の顔が確認できないことで、かなりのストレスがかかった。言葉が聞こえるだけでは人間の会話は成り立たないということを痛感した。しかし、この、ある意味で異常な状態でのドラマ作りは私にとって貴重な時間でもあった。それはハンデがある分、相手の人に「言葉の真意を伝える」ということに真剣に向き合えたからであろう…(中略)

…色んな意味を含めて忘れられないひと月半であった。ドラマの内容、感染症への注意等とともに、スタッフクルーとの意思の疎通をこれまで以上に大事に丁寧にした。特に監督の田中さんとは最後まで私の役の描写と方向性を話し合い、熱く丁寧でタフな関係でいられたと思う。私にはハードであったが贅沢な時間でもあった。そしてまだ少し不具合の残る身体の私をサポートしてくださったスタッフの皆さんには感謝しかない。感染症によるこれからのドラマ作りがどうなって行くのかはわからないが、このドラマがある分岐点になるのは間違いないであろう。

「…ハードであったが贅沢な時間でもあった」…感染症対策下のこれまでにない撮影スタイル…塩見さんの言葉から撮影現場の大変さの一端を垣間見ることが出来ました…まさに撮影秘話って感じですね…。

 

一方、先日の第1話終了後にはスタッフさんの撮影秘話がブログ公開されました…

 

富士での撮影は雨でない日がたった1日しかなかったそうで、自称『晴れ女』の梶芽衣子(大松幹枝役)さんの神がかった「晴れパワー」がなければどうなっていたことか…とのエピソードがありましたよ。

 

そう言えば今年の長雨…とんでもなかったですからね!

 

コロナ禍…その煽りを受けた長雨にスタッフさん、役者さんの疲労も倍増したのではないでしょうか…

 

こんな数々の苦難を乗り越えての放送開始なんですね…!

 

放送終了後のスタッフブログ各地ロケ現場での撮影裏話毎回非常に楽しみにしています。

今回は浜松のぼったくりスナック…サンシャインガールズの照美ママが若い頃の曲「浜松の女」のポスターやCDの話題がとても印象的でした。なんとなんと…サイドストーリーまでこだわりを持ってつくられてるようです…ww

 

サイレントエンジェル達の過去や各回出演者とのつながりがとても精緻に作り込まれています。第3話の床下の爆弾工場のつくり込みにはびっくりしましたよね!制作スタッフのこだわりなんでしょう…これがドラマに幅と深みを与えていますよね。

 

一話一話、一瞬たりとも目が離せません。セリフ、表情…それぞれ一つ一つの点が後になって、「なるほどそーだったのかぁ…」と繋がるんですよ線になって行くんです。

 

Sponsored Link
 

 

キャスト

  • 江口洋介(島田修悟 役)

元刑事の探偵。かつて仕事の巻き添えで一人息子を亡くし、妻と別れ、警察も辞めた過去がある。

  • 上白石萌歌(小嶋亜花里 役)

島田が構える探偵事務所の助手。

  • 志尊淳(寺本春紀 役)

すご腕の熱血看護師。島田の依頼人・和子の付き添い人。

  • 板谷由夏(島田時恵 役)

島田の元妻。島田の仕事の巻き添えで一人息子を亡くしている。

  • 倍賞美津子(佐藤和子 役)

金持ち風の老女。島田のスポンサーで島田が「最期の願い」をかなえる活動をするきっかけとなる依頼をする。

  • 梶芽衣子(大松幹枝 役)

「最後の願い」の最初の依頼人。和子とは入院中に知り合った。かつて捨てた子供に会いたいと望む。

 

天使にリクエストのロケ地情報!修悟思い出のレストランは四谷?

上白石萌歌

 

あらすじ

 

元刑事の島田修悟(江口洋介)は小嶋亜花里(上白石萌歌)を助手に探偵事務所を構えているが仕事をやる気はゼロ。

そんなある日、金持ち風の老女から変わった依頼が舞い込んでくる。入院中に知り合った余命いくばくもない大松幹枝(梶芽衣子)の「人生最後の願い」を叶えるため、ある場所に連れて行って欲しいと言う。

その老女・佐藤和子(倍賞美津子)は、金には糸目をつけないと言い切り付き添い人としてすご腕の熱血看護師・寺本春紀(志尊淳)まで派遣。今後もこの活動を続けたいと語る。


島田にはかつて仕事の巻き添えで一人息子を亡くし、妻・時恵(板谷由夏)と別れ、警察も辞めた過去があった。なぜ自分を選んだのか――疑いを抱きながらも島田はこの仕事を引き受け、患者の人生に触れていくことになる。それは島田自身の過去を見つめ直す道のりでもあった。だがこの活動の裏に秘められていたのは、ほかならぬ和子自身の「人生最後の願い」だった――。

 

 

第3回「貧民狂想曲」

元ホームレスの末期がん患者・武村(塩見三省)の素性を調べて欲しいと頼まれた島田(江口洋介)。武村の「最後の願い」は、アパートで荷物の整理をしたいという単純なもの。

望みは叶えたものの、帰り際に口にした「俺はかつての爆弾犯」という言葉が胸に引っかかる。武村は小説を書くことが生き甲斐だったが、過去に生活保護受給者の宿泊所で小説を侮辱されたことがあった。その時、武村が病院を抜け出したという報せが入る…。

 

 第4回「つみびと巡礼歌」

元妻・時恵(板谷由夏)の父・三井(山本學)が島田(江口洋介)の活動を知り、秩父の札所巡りをしたいと依頼して来る。

時恵は島田と同行することに反対するが、和子(倍賞美津子)らの説得もあって秩父に向かう。

三井の本当の願いは、息子の聖哉(林田悠作)を失ったことで壊れてしまった島田と時恵の関係を取り戻させることだった。だが互いに深い傷を負った二人のすれ違いは続き、巡礼のさなかに三井にも痴呆の症状が現れる…。

 

最終回「聖母バラッド」

倒れて病院に運ばれた和子(倍賞美津子)。和子自身も末期のがんに冒されていた。死期が近づいていると悟った和子は、サイレント・エンジェル財団の活動を寺本(志尊淳)に託す。

一方、時恵(板谷由夏)とやり直すことを誓った島田(江口洋介)は、和子に身寄りがないか亜花里(上白石萌歌)とともに調査を開始。

やがてこの活動の裏に和子の本当の「最後の願い」が隠されていることに気づいた二人は、ある人物に会いに行く。

毎回楽しみにしておりましたが、来週がついに最終話となりました!非常に楽しみにしております…!

 

第2話…幹枝の人生最後の願いは見事にかないましたね!

 

幹枝本人も含め…最後の願いに関わった人達それぞれの…心の優しさに感動せずにはいられませんでした。その余韻に浸りながらVTRを何度も見返したりしております…。

 

スタッフによる作成裏話ブログは大変興味深く拝見させて頂いています…。第2話終了後のブログにはこんなことが掲載されていました。

…もし33年前に刑務所で再会していたら、

山本の反応は違ったものになっていた可能性もありましたよね。

時を経て再会したことで、

お互いに納得のできる結末を迎えられたのだと思います…。

その通りです…ホントに深いと思います。

 

大松幹枝さんの臨終のシーンで修悟が病室で幹枝に最初に語り掛けた言葉…

あなたが最初に依頼した刑事さんはとても優秀でしたよ…

だったと思いますが…これは誰のことを指していたのでしょうか?

 

修悟が自らの事を言ったのではないような気がします…。33年前に幹枝さんの息子…山本組長が捕まった当時、おそらくですが刑事をしていた修悟のお父さんのことではないかと…思ったりもしています。今後の展開につながってくるキーワードなんでしょうね…。う~ん、深いドラマです!

 

第3話…塩見さん演ずる爆弾犯武村は唯一の生きがいとした小説を馬鹿にされ屈辱を味わった無料宿泊所で爆死を決意するも最後まで寄り添う修悟の言動に深く心を打たれ…最後は「生活の柄」という曲を修悟にリクエストしその生涯をとじましたね…。

 

爆弾犯と修悟の父や西郷輝彦さん演ずる修悟の父の同僚元刑事と関係があったことやサイレントエンジェル修悟の鬼気迫る行動がとても印象的でした。

 

第4話…修悟が自らの過去にしっかりと向きあいましたね…。

 

第4話終了後のスタッフによるブログでは、修悟が時恵に過去の全てを話した31番札所鷲窟山観音院でのロケ撮影裏話が印象的でした。

 

ここでも撮影が雨に悩まされたそうですし、296段の階段を克服し撮影を完遂されたスタッフの皆様…本当にお疲れ様でした!

 

山本学さん演ずる時恵の父(真吉)の願いも、叶いそうな感じですね!

亜花里の過去も明らかになりました。

 

いよいよ次週は最終話となりますね。寺本の思いは…。そして、修悟と倍賞美津子演ずる佐藤和子との関係や願いは如何に…。

 

一時たりとも目が離せない展開が続いていきそうです!Gee-sanとしてはやはり修悟と誠哉が食事をしたロケ地…あの思い出のレストランのシーンが気になってしょうがないんですよ…ww

 

最終話にも登場するのでしょうか…⁈

 

人生の最後に待ち受けている「死」…重めのテーマですけれども…

 

ふと…「自分の最後の願いはなんだろう」…なんて考える切っ掛けを与えてくれそうな作品なのかもしれませんね…人生後半ステージに完全に足を踏み入れているGee-sanですが、エンディングノートなるものを準備し始めたんですよ…w

 

なにかこうね…自分の最後にあたって残された人たちが困らないように…そしてささやかな自らの最後の願いを伝えるために…といった理由からでしょうか…

 

なかなか書き進められないこのノートのちょっとしたヒントになるかも…なんて勝手にGee-san期待してます…WW

 

Sponsored Link
 

 

天使にリクエストのレストランの現在は…

最後におまけ情報追加です!

今年の4月30日に閉店したレストラン塊肉ビストロブロックスですが…10月現在どうなっているか興味のある方はおられますでしょうか…?

 

あまりおられないかも知れませんね…ww

 

Take gee-sanは確認に行ってまいりました!

 

こんな感じです…

塊肉ビストロブロックス閉店後の状況

 

9月に入りビル全体が解体工事に入っており、新しい8階建のビルに事務所等が入る計画になっているようです。今年の12月着工、2022年3月に完成予定だそうです。

 

また楽しそうなレストランとか入ればいいんですがね…どうなんでしょう。

 

今回は、天使にリクエストのロケ地情報!修悟思い出のレストランは四谷?と題しましてご覧いただきました。

 

天使にリクエストの病院はどこ?幕張新都心の国際研修センターと判明!

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。それではまた。

カテゴリー

 - テレビ・ドラマ